救命救急講習会(2年生)

January 11, 2018

1月10日から15日にかけて行われている「救命救急講習会」。
高校の2学年を対象に、この時期に特別講習として行っています。

2日目の今日は、心肺蘇生法(CPR)の実践訓練を行いました。

 


呼吸が止まって、心停止になった状況での『応急措置』の実践的な練習です。

人間の上半身を模したダミー人形を相手に、心臓マッサージや人工呼吸を行う訓練。

 

 

 

 


聞いた事や見た事はあっても、なかなか自分自身が実際に行ってみないと出来ないものです。
「人の命」にかかわる重要な事だからこそ、怖くて手が出せなかったりします。

救急車や救急隊が到着するまでの短い時間とはいえ、そのほんの数分が生死を分けます。
協力をいただいた、富士五湖消
防本部の救急救命士の方々から、直接丁寧に指導を受けての練習なので、生徒たちも安心して取り組めていました。

 

 

 

 

 

心臓マッサージや人工呼吸以外にも、AED(自動対外式除細動器)を使用した救命救急訓練も。
AEDは、保健室は勿論、学校内の各所やクラブの部室などにも設置されています。
いざという時には救命に役立つのですが、これもや
はり訓練しておかないと怖いものです。
救急救命士の方の指導のもと、AEDのアナウンスに従って作業の手順を実際にやってみながら体験。
AEDが、どんなアナウンスで指示してくれるのかも、実際に聞く事が出来て有意義な訓練となりました。

 

 

この救命救急講習会は、期間中に計4時間の講習を受講します。
全てを受講し終えた生徒には、『修了証』が発行されます。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事