【 富士学苑高等学校 】

〒403-0013 山梨県富士吉田市緑ヶ丘1-1-1

富士急行線「月江寺駅」 徒歩3分

TEL:0555-22-0696 FAX:0555-24-3443

mail  fujigakuen@gekkouji.ac.jp

【 富士学苑中学校 】

〒403-0004 山梨県富士吉田市下吉田3-28-19

富士急行線「月江寺駅」 徒歩5分

TEL:0555-21-5500 FAX:0555-21-5501

mail  fujigakuenjh@gekkouji.ac.jp

  • White Instagram Icon

GRADUATE / 卒業生からの声

佐藤 梓さん 富士通 レッドウェーブ 所属 (2007年度卒業) 

下吉田二小→下吉田中→富士学苑高→拓殖大→三菱電機→富士通

日本代表の座を勝ち取れたのは、
富士学苑での必死な3年間があったからこそです。

今年3月、バスケットボール女子ユニバーシアードの日本代表に選ばれ、さらに練習に打ち込む毎日を送っています。  大学のバスケ部は練習量がとても多く、3年生になってやっと慣れてきました。ここでも富士学苑と同様、バスケだけやっていればいいのではなく、授業は必ず出席し、勉強もしっかりやるというのがあたり前で、日々、バスケに勉強にと奮闘しています。
 かなりハードな毎日ですが、こうして頑張っていられるのも、やはり富士学苑で必死にやってきた3年間があったからです。バスケの技術面はもちろん、一生懸命がむしゃらに頑張る強い気持ちや感謝する心など、メンタル面で成長できたからこそ、今があると思います。また一緒に頑張ってきた仲間と、熱心に指導してくださった先生の存在も大きかったとあらためて感じています。
 日本代表という新たな挑戦は、始まったばかり。気持ちも新たにさらに頑張っていきたいと思っています。どんな自分になりたいのか、目標に向かって何をすればいいのか、1日1日を意識して生活することで、その後の自分は変わっていきます。毎日を大切にし、日本代表としていい結果を残していきたいと思います。

高根 透さん 防衛医科大学校へ進学 (2007年度卒業)

自ら考え、行動する姿勢を育ててくれた高校時代。
だから恐れることなく、歩みたい道へ踏み出せました。

高校を卒業後、私立の大学の薬学部で1年間学びましたが、もともと志望は医学部だったことから、やはり学びたいのは医学だと再確認し、休学してもう一度医学部を目指すことを決意しました。それから1年間は予備校に通いながら勉強し、今春に志望していた防衛医大に合格することができました。  もう一度受験することに不安や怖さを感じることはありませんでした。それは高校時代に、勉強に対する恐怖心を感じることがなかったおかげだと思います。特進Aは勉強を押し付けることは一切なく、自ら考えて勉強する姿勢を育ててくれました。勉強を楽しむというこの姿勢があったから、自分が本当に進みたい道に一歩を踏み出すことができました。
 予備校に通っていた夏休みは、時々高校に顔を出しては後輩や先生と話をしました。受験の話より何気ない世間話が多く、懐かしい空間での他愛ないおしゃべりは息抜きとなり、たくさんの元気をもらいました。
 念願の医学部で学んでいる今、やりたいことをやっているという充実感のある毎日を過ごしています。まだ踏み出したばかりですが、この道をしっかりと歩み続け、夢に向かって前進していきたいと思います。